コボット メニューボタン 壁用システム
コボットの施工コボット本体の特徴
コボットの施工コボットの施工

コボットを接合(仕口)部にセットし、専用ステンコーチスクリュー9本で固定します。
※堅木の場合、φ4mmの下穴をあけて下さい。無理なねじ込みはコーチスクリューの破断の原因となります。

ステンロッドに金具を取付。
ステンロッドの両端は右ネジ、左ネジ仕様となっています。各々に専用接続金具を取付して下さい。
尚、目印としてステンロッド右ネジ側にロックナットが付いています。

上記でセットしたステンブレースをコボット本体内部に差込み、ワンタッチピンにて固定。
ステンロッド右ネジ側のツブシ部にスパナを掛けて締め付け、最後にロックナットの締め付けをお願いします。
※ ステンロッド締め付けトルク:6N・m以上